2019年08月07日(水)に、「コンサル流パワーポイント作成講座」を開催しました。野村総合研究所にて、主にインフラセクターを中心にコンサルティング業務に従事されている広瀬圭太郎さんに、資料作りの基本からコンサル流論理的思考のテクニックなどを、演習を交えて教えていただきました。

今回の講師: 広瀬 圭太郎 さん

野村総合研究所

2012年野村総合研究所入社。主に住宅・不動産・電力などのインフラセクターを中心にコンサルティング業務に従事。


資料を作成の目的について説明する広瀬さん
基本のお作法

広瀬さんはまず、資料作成の目的から説明しました。資料作成の目的は、読み手(クライアント)が動き、より良い状態になることです。そのためには読み手に分かりやすく作ることを意識します。では、目的にたどり着くための資料作成にはどのようなスキルが必要になってくるのか、など資料作りの基本をまず丁寧に教わりました。

広瀬さんの説明に聞き入る参加者
論理的思考法

次に、コンサルにはなぜ論理的思考が必要なのかを教わりました。自分自身の考えを整理できるだけでなく相手の主張を理解したり、誤解なく相手に説明するために役立つからです。更に「ロジックツリー」「イシューツリー」「ピラミッド構造」などの論理的思考(ロジカルシンキング)の手法も教わり、コンサルの資料作成の際のテクニックを目の当たりにすることができました。

演習で論理的思考を実践する参加者
演習

教わった論理的思考法(ロジカルシンキング)を使い実際に演習を行いました。「限られた情報を元に、根本的な問題を考える」といった類の設問に、参加者の皆さんは手を動かしながら真剣に取り組みました。実際に論理的思考法を使い、無数にある可能性の中から自分の考えを整理していくことで、先ほど教わったテクニックをどのように使うとよいかを学ぶことができました。

丁寧でボリュームのある内容に満足の参加者
参加者の声

演習の後も、資料作成の細かいコツなど様々な話をしていただき、記事に書ききれないほど内容の濃い勉強会でした。夏休み期間にも関わらず多くの学生の方々にご参加頂き、下記のような感想を頂きました。広瀬さん、ありがとうございました!

  • 資料を作成する上での根幹的な考え方について話を聞けてとてもいい経験になった。(学生 文学部)
  • 自分の意見をまとめる上で、MECEの切り方や、ロジックツリーの作り方などとても実践的な講義をしただき、誠にありがとうございました。 今回のことから、うまく自己表現についても応用できたらと思います。(学生 理工学部)
  • プレゼンテーションを構成していく上で大切なこと、伝えたいメッセージを補強するための順序立てはどのように進めていくべきなのかについて理解することができました。(学生 政経学部)
ゼロイチCafeの勉強会イベントに参加しませんか?

ゼロイチCafeでは定期的に勉強会イベントを開催しています。学生ならどなたでも参加できるので気軽にお申し込みください!

開催予定の勉強会一覧を見る