2019年07月12日(金)に、「フレームワーク勉強会 −コンサルティング入門シリーズ-」を開催しました。有名外資系コンサルティングファームにて戦略コンサルタントとして働かれていた経験をお持ちで、現在は個人でコンサルティング業を営んでいる上田篤史さんに、コンサルティングが実際に現場で使用する「フレームワーク」の考え方について、ケーススタディを通して教えていただきました。

今回の講師: 上田 篤史 さん

コンサルタント

慶應大学理工学部情報工学科卒業、同大学院修士課程修了。
新卒で外資系コンサルティングファームへ入社、戦略コンサルタントとして活動。
ヘッドハントされ他ファームへ転職後はマネージャーとして管理職も経験。
大企業における新規事業開発や事業統合、物流改革、営業マーケティングなど幅広いプロジェクトに従事。
現在は独立して個人コンサルとして複数企業の経営企画、人材紹介等の相談役も実施。


経験をもとに説明する上田さん
コンサルティングとは?

上田さんはまず、幅広く使われる「コンサルティング」という言葉について、ご自身の経歴も踏まえながら簡単に説明しました。「コンサルティング」とは、相談に乗って課題を解決するなんでも屋だそうです。ひとくちにコンサルと言っても職位や領域・様式・業界などによって求められる能力も多様であるようです。

フレームワークについて学ぶ参加者
ケーススタディ

多様な能力が求められるコンサルタントが課題解決に向けて実際に現場で使う「フレームワーク」という考え方を利用し、参加者がケーススタディを行いました。フレームワークの活用の方法や利用した際の便利さ、生じやすい誤解などをケーススタディを行う中で学び、コンサルティングへの理解が深まりました。フレームワーク以外にも、コンサルティングの実務上の考え方や資料作成のポイントなどにも触れ、分かりやすくも深い内容となりました。

上田さんの話に聞き入る参加者
参加者の声

今回の勉強会では以下の感想を頂きました。参加者の皆様が充実した勉強会を過ごせたことがうかがえ、運営スタッフも嬉しく思っております。上田さん、参加者の皆様、ありがとうございました

  • コンサルタントの方がフレームワークについてどのように考えてらっしゃるのか非常に勉強になりました。 真摯に考えることが重要だなと思いました。(学生 理工学部)
  • 解決すべきものが何かを考えるという基本に立ち戻った考えを認知することが出来ました(社会人 エンジニア)
  • コンサル勉強会の続きは是非聞きたいです。 就活でコンサルティング業界に気になってるのですが 未だにコンサルって何だ感が凄いです。 勉強会を通じて少しでも実態が掴めたらいいな…と 思いました。(学生 法学部)

ゼロイチCafeの勉強会イベントに参加しませんか?

ゼロイチCafeでは定期的に勉強会イベントを開催しています。学生ならどなたでも参加できるので気軽にお申し込みください!

開催予定の勉強会一覧を見る