2019年6月10日(月)に、「『スタートアップで働く』というキャリア選択-ビズリーチ・ラクスルの創業関係者が語る」を開催しました。今回は、多数のスタートアップ立ち上げに携わってきた、株式会社ReBoost代表の河合さんにスタートアップの立ち上げや成長に必要な人事組織・採用・資金調達や、また働く場としての可能性などに関して解説していただきました。また、今回は「sli.do」と言うリアルタイムで質問が出来るツールも初めて活用して、様々な質問が出ました。

河合さんの講演を熱心に聞く参加者の方々
スタートアップとは?

「スタートアップの印象は?」こんな質問から勉強会が始まりました。聞いたことはあるけれど、定義を問われると明確にわからないスタートアップ。参加者から、「キツイ」「急成長」「少人数」などのような回答が飛びました。その上で、河合さんの考える、「スタートアップ」は、「短期間で急成長して、世の中を変える事業と組織」だと言います。

質問をする学生モデレーターの徳江さん
スタートアップの組織変化・運用変化

一括りに「スタートアップ」と言っても、規模にも様々なステージがあり、大別するとアーリーステージ、急成長フェーズ、安定成長フェーズがあります。さらに、それぞれのフェーズで必要となる人材も異なってきます。わかりやすくサッカーに例えると、アーリーステージにはオールラウンダー、急成長フェーズでは2つ以上のポジションをできるような優秀な人材が必要になり、ビジョンを共有しながら、集めていくという方法もレクチャーしてくださいました。一方で、規模によって変わらない重要なことの一つに、経営陣がいい組織を作ろうと強くコミットすることが挙げられるそうです。

他の参加者の質問に耳を傾ける参加者達
スタートアップを始める時のパートナーを見つけるには?

起業する際に最も重要となる「パートナーの選び方」に関しても、貴重なアドバイスをいただくことができました。具体的には、創業初期は自分の苦手なことを率先して取り組んでくれるようなパートナーを見つけ、組織がある程度大きくなってきた際は、自分の得意なことを率先して取り組んでくれるようなパートナーを探すべきとおっしゃいました。自分の得意なことを任せることができるというのが、良い経営者になるための一つの秘訣であるようです。

勉強会終了後も河合さんに質問する多くの参加者達
参加者の声

今回の勉強会に関する参加者アンケートでは「自分がどんな軸でキャリアを選択していこうかを考えるキッカケになりました。」「新たな刺激を得られました。 大変貴重なお話ありがとうございます!」「スタートアップで働くという選択肢が今までありませんでしたが、考えてから動くスピードがはやくて魅力的だなと思いました。考え方が広がったので、本日お話しをきけてよかったです。」「雰囲気と意思決定の速さや仕事に対する基準の高さを肌で感じ取れてよかったです。大変参考になりました。」
などの大満足の回答をいただきました。

参加者の皆さんと、講師の河合さん。とても有意義な勉強会となりました
ゼロイチCafeの勉強会イベントに参加しませんか?

ゼロイチCafeでは定期的に勉強会イベントを開催しています。学生ならどなたでも参加できるので気軽にお申し込みください!

開催予定の勉強会一覧を見る