2019年4月17日に、Google Spreadsheets を利用した初心者向けプログラミングの勉強会を開催しました。普段何気なく行っているちょっと手間のかかる作業を、簡単に自動化するプログラムにチャレンジしました。

プログラミングの将来性について解説する堀江光CTO
なんでプログラミングが必要なの?

プログラミングと聞いて、一部の専門家やマニアがやるものだと考える方は少なくないと思います。しかし、一部の人たちのモノとしておくのは非常にもったいない!ちょっとしたプログラミングにより、日常的な「手作業でもできるけど面倒 or 大変」という作業を効率的にこなせるようになります。また、プログラミングを通じてモデル化による課題解決能力を養うこともできます。後者については、 2020 年開始の小学校におけるプログラミング教育の狙いであることが文科省により示されており、今後重要視される力のひとつであると言えるでしょう。

お手本を参考にしながら実装を進める参加者の方々
Google Spreadsheets で実装してみよう

今回の勉強会では、Google Spreadsheets の「スクリプトエディタ」という機能を使い、プログラミングを学びました。スクリプトエディタで実装した関数は、表計算画面ですぐに利用できるため、少しのプログラミングで利便性を上げることができます。
今回は「こんにちは!」と表示する HELLO 関数からスタートし、郵便番号を住所に変換する ZIP_ADDRESS 関数など実用性のある関数の実装についても学びました。
タイピングミスなどで苦戦する方もいましたが、最終的にはみなさんすべての実装をすることができました。

多少苦戦しつつも講師の堀江とともにコードを修正
関数を自動実行させよう

Google Spreadsheets では「トリガー」という機能を使うことで、関数を自動実行させることができます。今回は、天気情報を取得する getWeather 関数を実装し、これを毎日お昼に実行するよう設定しました。実行結果が自動的に表へ追加されていく様子を見た学生からは「おぉーっ」という声が上がっていました。

プログラミング勉強会は定期的に開催予定ですので、ぜひご参加ください!
ゼロイチCafeの勉強会イベントに参加しませんか?

今回の勉強会には、高校生、大学生、大学院生と、幅広くご参加いただきました。参加者からは、「だんだんとコードの意味がわかっていき、楽しかった」などとコメントをいただきました。

ゼロイチCafeでは定期的に勉強会イベントを開催しています。学生ならどなたでも参加できるので気軽にお申し込みください!

開催予定の勉強会一覧を見る