※このイベントは終了しました。イベントの様子はこちら

日程

2019年8月20日 18:30〜20:30(火)
参加したいけど都合がつかない方はこちら

概要

私が5年間駐在していたブラジルは、社会格差の大きな国です。ブラジルの人口は2億人以上ですが、その就業人口の上位1%は月額賃金平均が約95万円。反面、いわゆる収入がある人達の月額賃金平均は約77,000円、と世界でも稀に見る収入格差の大きな国です。この収入格差によって生まれるものは何でしょうか?教育格差、金融格差など様々ですが、ここに目をつけたのがスタートアップ企業です。2014年にブラジルに参入したUberは、2019年現在ブラジル全土で使用されるなどあっという間にスケールし、今や全世界のUber人口の2割がブラジル人とも言われています。さらに、ブラジル発のユニコーン級スタートアップも続々生まれ、低金利で貸し付ける無店舗銀行のNubankは、先日アルゼンチンやメキシコでもサービスを開始する旨発表しました。これらスタートアップがもたらす社会への影響は?皆さんと一緒に考えたいと思います。

コンテンツ
  • 「ブラジルってどんな国」
    国土面積は日本の22.5倍。人口2億人以上。一人当たりのGDPは10,000ドルを越える。サンパウロ州だけで日本の本州がすっぽり収まるぐらいの大きさ、とにかく国土面積が広くてダイナミックな国。だからこそ生じる経済格差と社会格差。南米最大の都市サンパウロ市(人口約1,000万人)の一人当たりGDPは20,000ドル弱で先進国並み。一方、内陸の亜熱帯地域はインフラが整っていない煉瓦造りの家等が多く未就学児も多い貧困層の多い地域。都市により生活水準が大きく異なる。
  • 「 ブラジル・ラテンアメリカ諸国が抱える社会課題とは? 」
    格差が大きな課題。具体的には…
    ・収入格差(就業人口上位1%の月額賃金平均は約95万円。一方、収入がある人の月額賃金平均は約77,000円)
    ・教育格差(子供は大事な労働力と考えられ学校に通えない人が多い。人口の51%は初等教育(※日本の中学校に相当)のみ終了)
    ・金融格差(クレジットカードやデビットカード、口座保有率はブラジルの場合それぞれ3割弱、6割弱、7割弱。メキシコの場合はもっと低い。メキシコの場合、口座保有率は5割にも満たない ※収入がある人を対象とした統計)
     →他にどんな格差が生まれる?医療アクセス…etc
  • 「 課題解決型スタートアップの台頭 」
    南米の大国ブラジルやメキシコでは貧富の差による格差が大きな課題となっており、それが治安の悪化など社会問題に繋がっている。多くの大企業は富裕層向けサービスを提供しており、中間層(ブラジルでは1億人以上)以下のマーケットは置き去りにされていた。そこに目をつけたのがスタートアップ。スタートアップはどんな風にブラジル、メキシコ、アルゼンチン、コロンビアと行った南米の国々でスケールしていったのか?そしてどのように社会に影響を与えているのか?
    (競争原理が働く事例)
    Uber, Uber Eats
    (新しいマーケットが生まれる事例)
    Nubank→低金利の無店舗銀行。ブラジル発で現在アルゼンチンとメキシコに横展開中。
    Rappi→コロンビア発の輸送プラットフォーム。ブラジルなど南米で横展開中
    etc
タイムテーブル
18:20開場
18:30勉強会イベント開始
20:30終了
これまでの様子

前回は辻本さんに JETROの仕事内容、多様性について、ブラジルについて、非関税障壁・通商政策についてなど解説していただきました 。今回はまた別の視点でブラジルを例に新興国でのビジネスについて話していただきます。お気軽にご参加ください。

主催者・ゲスト講師プロフィール
辻本 希世

独立行政法人日本貿易振興機構(ジェトロ)海外調査部米州課

略歴
2006年3月上智大学外国語学部ポルトガル語学科卒業
2006年4月ジェトロ入構
2014年3月〜2019年2月ブラジル・サンパウロ駐在。ジェトロサンパウロ事務所にてブラジルの政治経済等調査を行う。ブラジルの政治や経済情勢等を調査し、ブラジルに進出する日系企業にどのような影響を与えるか分析し情報発信を行う。得意な分野は政治情勢と医療機器などの基準認証。現在は、ブラジルに加えて、ウルグアイ、パラグアイのメルコスール諸国とチリの調査を行う。

場所

ゼロイチCafe
〒223-0062 神奈川県横浜市港北区 日吉本町1丁目24-20 フナイビル 2階

その他

参加費は無料です。お問い合わせはLINE公式アカウントか、お問い合わせフォームよりお申し付けください。

参加方法

下のボタンから参加登録をしてください。うまくいかない場合はLINE公式アカウントよりお問い合わせください。

LINEで参加登録

PCの方は下のQRコードをスマートフォンで読み取って進めてください。